「キャッシュレス・消費者還元事業」ロゴマークは経済産業省の商標です。

10月からの消費税増税に伴う国の緩和措置として、消費者還元事業が今年10月から2020年6月までの9ヶ月間実施されます。

キャッシュレス決済(QR決済・電子マネー全般・クレカ)で、ガソリンスタンドやフランチャイズ店(コンビニ等)では2%、中小規模や個人商店での利用は5%還元される、というのが基本的な事業概要です。

Suicaの発行主体であるJR東日本も、その本名「東日本旅客鉄道株式会社」で決済事業者として還元事業に登録されています。

Suicaそのものにはポイントの概念がありませんが、JRE POINTサイトに利用Suicaを登録することで、2%/5%の還元を受けられそうです。

JRE POINTサイト
https://www.jrepoint.jp

しかしはたして、Suicaで決済できる店舗すべてが対象になるのかどうか?解説していきます。

スポンサーリンク

消費者還元事業の概要

  1. 利用する店舗(中小・個人商店規模)が、利用決済事業者を通じて還元事業加盟店として登録されている
  2. 利用する決済事業者(ペイ各社・電子マネー・クレジットカード発行元)が還元事業に登録されている

これが大基本です。

当サイトで主に扱っている、PayPay(ペイペイ)LINE Pay(ラインペイ)OrigamiPay メルペイ 楽天ペイ d払い ファミペイおよびKyashは、決済事業者として登録されています。

JRE POINTサイト登録でポイント還元

Suica×消費者還元事業の還元条件は、JRE POINTサイトに登録されたSuicaである必要があります。

それとは別に、還元事業がはじまる前の9月現在でも、利用中のSuicaをJRE POINTサイトに登録すれば、対象加盟店で税込100円/200円で1ポイント還元(1%/0.5%)を受けることができます。

貯まったJRE POINTは、1円単位でSuicaチャージなどに利用できます。以下が、Suicaの利用でJRE POINTが貯まる、主なJRE POINT Suica加盟店の抜粋です。

  • エキュート
  • NewDaysや駅そばなどの駅ナカ店舗
  • イトーヨーカドー
  • 紀伊國屋書店
  • ヤマト運輸
  • コナカ/洋服の青山
  • Times(コインパーキング)
  • ANA国内線機内販売

駅ナカや駅ビル系以外は、いずれも関東+一部の地域が対象となっています。そのほかの詳細店舗は、以下の公式リストを参照ください。

登録したSuicaのご利用でポイントが貯まるお店
https://www.jrepoint.jp/point/append/suica/machinaka/

10月からSuicaの運賃利用でもポイント還元

JR東日本は10/1より、Suicaの鉄道運賃利用でJRE POINTが貯まるポイントプログラムを発表しました。消費者還元事業とは関係なく、恒常的な対応のようです。

  1. 条件:要JRE POINTサイトへSuica登録
  2. 還元:Suicaカード(物理)で0.5%(200円毎に1ポイント)
  3. 還元:モバイルSuica利用で2.0%(50円毎に1ポイント)
  4. 備考:登録Suicaでのグリーン券・Suica定期券購入でも還元
  5. 付与:翌月下旬にまとめてポイントバック

消費税増税で鉄道運賃値上げも予定されている中、モバイルSuica利用ならほぼ打ち消せることになります。

いまならJRE POINTサイトへの登録で、100ポイントプレゼントキャンペーンも12月末まで実施中です。

スポンサーリンク

JRE POINTサイトへのSuica登録方法

【スキップしたい方は >>次の見出しへ

Suicaを使っていてJRE POINT登録されてない方は、10/1からはキャッシュレス還元もそうですが、運賃利用でもポイントがつくので登録しておきましょう。

モバイルSuicaでのJRE POINTサイト登録を解説していきます。Suicaカード(物理)もほぼ同じ流れなので参考にしてみてください。

なお作業前の注意点が2つほど

  1. モバイルSuicaは、発行時の「Suica識別ID・モバイルSuica会員用のパスワード・氏名カナ・生年月日」が必要
  2. Suicaカードは記名式のものしか登録できません。みどりの窓口か多機能券売機で記名式に変更しましょう。

モバイルSuicaの情報はSuicaアプリで確認できますが、パスワードは忘れてる人が多いかもしれませんね。なんとか思い出してください(スパルタ

では、>> JRE POINTサイトへアクセス して作業を進めていきます。

【スキップしたい方は >>次の見出しへ

まずは仮登録作業

ログインアカウントとなる、メールアドレス(ID扱い)とパスワードを設定します。

内容を確認し仮登録します。

info@jrepoint.jpから本登録用のURLが届くのでメールを開きます。

本登録 – モバイルSuicaの紐付け

メアドに届いた本登録URLにアクセスし、先程のID(メアド)とパスワードでログインします。

セカンドパスワードを設定し、次へをタップ

登録するSuicaの種類を選択します。「Suicaカード/モバイルSuica」をタップ

物理Suicaカードか、モバイルSuicaか選択します。

以降モバイルSuicaでの説明になります。モバイルSuicaの登録時情報が必要になります。

「Suica識別ID・モバイルSuica会員用のパスワード・氏名カナ・生年月日」を入力。

【参考】こちらSuicaアプリ画面です。Suica識別ID(登録したメアド)は、Suicaアプリで確認できます。

本登録 – JRE POINTサイト用に個人情報を追加登録

JRE POINTサイト用に追加で個人情報を入力し、次へをタップ。

入力内容を確認。

問題がなければ登録をタップ。

登録完了!

これでお使いのモバイルSuicaが、JRE POINTサイトに登録できました。還元事業期間外の通常時は、JRE POINT Suica加盟店での決済や、運賃利用(10/1~)でポイントが貯まります。

既存JRE POINT加盟店以外でのSuica支払いは還元対象になる?

9/3付けで還元事業の参加概要が、JRE POINTより発表されました。まとめます👇

  1. キャッシュレス・消費者還元事業マーク×JRE POINT+Suicaマークのある店舗が対象
  2. 還元:5%店舗→20円(税込)単位1P 2%店舗→50円(税込)単位1P
  3. 上限:チャージ可能額(2万円)の最大5%?=1,000P/月まで?
  4. 付与:利用の翌月上旬にまとめて付与
  5. 期限:ポイント加算・利用があった日から2年後月末まで
Suicaのキャッシュレス・消費者還元事業の概要
https://www.jrepoint.jp/information/suica_cashless_pointback/

対象は、キャッシュレス還元事業マーク×ひょうたん型のJRE POINT+Suicaマークのある店舗(9/14更新)

画像引用元:https://www.jrepoint.jp/information/suica_cashless_pointback/

上記のキャッシュレス・消費者還元事業マークとSuica+JRE POINTマークが揃って掲示されている店が対象となります。

アプリで既存JRE POINT加盟店以外も対応確認(10/1更新)

前述したJR東日本の駅ナカや駅ビルといった、既存のJRE POINTのSuica加盟店というJRE経済圏の存在がある中、果たしてそれらの店舗以外でのSuica利用は還元対象になるのか・・・?という疑問が10月前には残っていました。

しかし以下の公式マップアプリがリリースされたことで、その疑問に答えが出ました。

キャッシュレス・消費者還元事業の公式マップアプリ&WebWebiOS版Android

こちらを眺めてみると、5%対象店舗(中小・個人規模店舗)としてSuica決済が対象な店が見つかります。これはつまり、既存のJRE POINT加盟店だけには縛られないということになりそうです。

おそらくAirPayなどの決済代行事業者と契約している店舗で、一括でキャッシュレス対応している店舗の一部などが、還元事業に加盟しているパターンかと思われます。

コンビニ(セブン)の対応はかなりまちまち?

しかし、こちらは驚いたことなんですがコンビニの対応がかなり雑です。

以下は新宿エリアのセブン3店舗ざっとみた結果ですが、nanacoだけの店舗が2店、交通系もOKな店舗が1件となっています。

他の地域を見ても、クレジットカードや流通系電子マネーは入っていないし、Suicaをはじめとする交通系電子マネーの対応もまちまちです。

フランチャイズゆえオーナーが参加申請を行うはずなので、それで店舗毎に状況が異なっているのかマップへの情報反映が遅れている可能性があります。

 

(10/1更新)日付が変わって、Suica+JRE POINTロゴのないセブンイレブンで利用してみました。しかし、ちゃんと即時2%オフとなっていました。どうやらマップアプリの情報反映が間に合っていなさそうです。

還元事業マップ、正しい情報が反映されていない店舗も

こちらツイッターを眺めていたら見つかった、店舗オーナーさん?と思われる方のツイートです。

やはり現実の申請状況が、まだ正しく反映されていなさそうです。

これはもう、自身の生活圏で利用する実店舗に掲示されるであろう、還元事業の赤色ポスターに対象決済ロゴがあるかチェックしたほうが早いかもしれません。

コンビニ4社は即時2%還元を実施

セブン-イレブン・ファミリーマート・ローソン・ミニストップの大手コンビニ4社は、還元事業において例外ながらも認められている、自社ポイントを内部処理的に充当することにより、購入時に即時2%オフの形で還元を実施するようです。

経産省/コンビニの「ポイント即時充当」運用上問題なし
https://www.ryutsuu.biz/government/l082141.html

このパターンだと、還元原資とされる国の補助金の受け出しをするのはA型決済事業者(クレカ・電子マネー・QR各社)ではなく、準B型(加盟店を束ね統括・管理する事業者)の1形態であるフランチャイズ本部がおこなう形になります。

つまり、Suica決済処理をするJR東日本が補助還元処理の主体ではなくなるため、セブン-イレブン・ファミリーマート・ローソン・ミニストップでのSuica利用は、JRE POINTとは無関係に、還元対象になりえそうです。

前段の内容から、コンビニでもSuica決済が還元対象かは店舗によって対応がマチマチなため、このコンビニブランドならどこでもSuicaで必ず還元対象に、という判断はできないかもしれません。

消費者として混乱しそうなところは、Suica決済ができるところでもコンビニ・スーパー・駅ナカなど、場所・そして同じブランドでも店舗によって、即時還元されたり、まったくされなかったり、JRE POINTだったりとバラバラになりそうなところでしょうか。

スポンサーリンク

無記名&JRE POINT未登録Suicaでも4社コンビニは即時2%還元(11/20更新)

通常はJRE POINTサイトへ登録しないとSuicaで還元事業の還元はされません。

しかし、前段見出し内容のとおり4社コンビニではフランチャイズ本部が還元事業の補助金処理をするため、無記名SuicaでありJRE POINTサイト登録していなくても即時2%還元となるようです。

これはあくまで還元事業的にはイレギュラーな対応であって、4社コンビニ以外の5%/2%のSuica&JRE POINT還元対象店舗では、やはり記名式SuicaでのJRE POINTサイト登録が必要となってくるかと思います。

またスーパーの全日食チェーン店舗なども、Suica利用で、コンビニ同様の対応で即時5%割引でした

(※通常チェーン店舗は2%なはずですが…契約形態がなにかことなり個人店舗となるのか、本部で3%分は自腹なのか…)

駅構内の鉄道会社運営の大手コンビニは2%還元対象外に

セブン・ファミマ・ローソンは、直営店の場合は本部負担で即時2%割引、FC店舗はキャッシュレス還元事業枠で即時2%割引予定でした。

しかし、大手企業である鉄道会社が駅構内などでフランチャイズ契約し運営する店舗については、鉄道会社で2%負担するか否か任せる形で振っており、当の鉄道会社はいやいやそんな負担できんわ知らんわ👋、で還元対象外となるようです。こういうパターンで還元対象外も出てくるようです。

一部コンビニでポイント還元せず 鉄道FC店、消費増税時
https://this.kiji.is/545225643377329249

ただし、JR西日本だけは独自に還元することを先日発表しました。

JR西日本の駅ナカコンビニでのお買い物がさらにおトクに! キャッシュレス決済で2%即時還元を実施します
https://www.westjr.co.jp/press/article/2019/09/page_14935.html

JRE POINTは独自にSuica利用で2%還元キャンペーンを実施

JRE POINTは、還元事業とは別で、独自にNewDaysなど駅ナカのJRE POINT Suica加盟店のSuica決済で、2%還元キャンペーンを実施する模様です。期間は還元事業とまったく同じ10/1~翌6/30まで。

駅ビル、エキナカの「キャッシュレスで JRE POINT還元キャンぺーン」
https://www.jrepoint.jp/information/jreast_original_pointback/

上記公式ページ先を下のほうにスクロールすると、JRE POINT Suica対象店舗かつキャッシュレス・消費者還元事業対象店舗で、ポイント2重取り例が表記がされています。

この例によれば、店舗によってはSuica利用2%+消費者還元事業最大5%=最大7%還元パターンもありえるようです。

消費者還元事業は、自社ポイントの上乗せも可能となっています。

JRE・ビューカードならポイント2重取りも

JR東日本発行クレジットカードであるJRE・ビューカードには、元々チャージで1000円毎1.5%還元があります。チャージポイント+利用時の消費者還元事業分と2重取りも可能になるかもしれません。

JREカードチャージ1.5% + Suica消費者還元事業 2%/5% = 3.5%/6.5%も可能そうです。

まとめ

スポンサーリンク

Suica利用で還元事業2%/5%還元されるのは、以下のロゴがすべて揃って提示されている店舗が対象となります。

画像引用元:https://www.jrepoint.jp/information/suica_cashless_pointback/

還元事業公式マップアプリがリリースされ、既存のJRE POINT加盟店だけには縛られず、申請した中小・個人商店でもSuica決済で還元される店舗はあるようです。しかし、正しくマップに情報反映されていないのも確認されています。

また、同マップアプリから判明したところ、同じコンビニブランドでもSuica対応が店舗によりまちまちという状況です。地図に情報が反映しきれていない可能性のほうが高いですが、実際そのとおりのパターンももしかしたらあるかもしれません。

これらのことから、大手4社コンビニならどこでもSuica決済で即時2%還元とはいかないかもしれません。

(※JR西日本エリアの一部の駅ナカ・駅エリアセブン等を除いて、鉄道会社がFC契約し運営している4社コンビニは元々還元対象外です。また、ミニストップは他3社コンビニと異なり、直営店での自腹2%還元は対応しないことを発表しました。)

 

まとめると、利用する側としてやるべきことは次の4つです。

  1. まずはJRE POINTサイトへ利用Suicaを登録
    (※10月からは電車運賃利用でもJREが独自にポイント還元)
  2. キャッシュレス・還元事業マップアプリで目当ての店舗を確認
  3. 念の為、店で還元事業ポスターを探してSuica+JRE POINTロゴがあるか確認
  4. それでもわからなければ店員かオーナーっぽい人に聞く

という感じでしょうか。

 

記事をまとめていても日々あらたな情報が入ってくるため、パッチワークになり読みづらく申し訳ありません。

アンテナを張って当サイト記事まで辿りついてくれた方含め、情報をまとめてる自分の目からしても、混乱必死な還元事業スタートになりそうです。

もはや最初のうちは、還元されたらラッキーくらいな心持ちで利用するほうがいいかもしれません。

また、追加情報が出次第この記事は更新していきます。それでは。

 

 

(10/4更新)
・無記名&JRE POINTサイト未登録Suicaでも4社のコンビニは即時2%還元 >>見出しへ飛ぶ
(10/1更新)
・マップでSuica+JRE POINTロゴがなかったセブンでも即時2%オフされました >>見出しへ飛ぶ
(9/14更新)

・駅構内の鉄道会社運営の大手コンビニは2%還元対象外>>見出しへ飛ぶ
(9/3更新)
・10月から鉄道運賃利用でポイント還元
>>見出しへ飛ぶ
・JRE POINT Suica加盟店でJRE独自にSuica利用で2%還元 >>見出しへ飛ぶ

スポンサーリンク
文春・美的・東洋経済・Safari・Begin・LEE・Oggi・MORE・SPUR・ファミ通・Pen・dancyu・声グラなど数多の種類の雑誌が読み放題の『楽天マガジン』