セブンイレブンが7月よりPayPay / LINE Pay / メルペイに対応!(いずれもQR・バーコード決済)

セブンイレブンでは、メルペイのiD支払い(おサイフケータイ対応Android/iPhone7以上)のみペイブランドの中では対応していましたが、ついに上記ペイのコード決済に対応です。セブン民的には嬉しいですね。

先行して対応していたローソンやファミリーマートなどに客足も奪われていたようなので、これでやっとコンビニ大手3ブランドでペイ決済が揃い踏み。

7月にペイ3種で20%還元キャンペーンも?

まだ公式発表がされていないウワサレベルの情報ですが、ツイッターではこんな情報も。

けんたろさんのツイートです。どこかにセブンオーナーの先走りか、ポップが(笑)

7月中にセブンイレブンは、複数キャンペーンを予定している模様。7/11~7/21の10日間では、PayPay・LINE Pay・メルペイの利用で20%還元があるようです。いずれもまだ公式発表はされていないものなので、追加情報を待ちたいところ。

→ 6/24に公式情報でました。まとめた記事はこちら

【7月】セブン PayPay – LINE Pay – メルペイ合同最大20%1000P還元キャンペーン 注意点とオススメな使い道

 セブンでオススメのペイ

これは通常時の話になります。高還元時はまた変わってきます。個人的なランキングは、次の通りです。まずは、3位から。

【3位】LINE Payで最大3.5~5%還元 (条件つき&7/31まで)

LINE Pay

LINE Payでは、前月のLINE Pay利用額に応じたマイカラー制度があります。QRコード決済キャンペーンの3%に、

  • ホワイト+0.5%(前月実績なし)
  • レッド+0.8%(前月1万以上利用)
  • ブルー+1%(前月5万以上利用)
  • グリーン+2% (前月10万以上利用)

をあわせた、3.5%~5%還元となります。ただし、このLINE PayのQRコード決済の+3%キャンペーンは7/31までとなっています。以降はマイカラーのみの0.5%~2%の還元となります。時限的な還元であり、マイカラー制度も厳しいので、個人的には3位。

LINE Payは、他のペイたちとは違って、クレジットカードの紐づけができず、クレカ還元が受けられないのがマイナス点。(※ただ、来年VISA提携が発表されているので、2020年で状況が変わってきそう)

【2位】誰でもクレカ+Kyash+PayPayでセブン3.5%還元 (制限あり)

Kyashアプリ

新しくカード作るの面倒…でも楽天カードなどの還元クレカは持っている、という方は、すぐ手元の携帯でアプリインストールとアカウント作成だけでできる、Kyash+PayPayでの3.5%還元。(※以下クレカ1%還元とした場合で説明)

Kyashは、手持ちのVISA/Masterブランドのクレジットやデビットカードを紐づけた、VISAバーチャルカードを作成できるアプリです。そこからAmazonなどのオンライン決済に利用したり、個人間送金ができます。バーチャルカードだけではなく、実店舗で使えるVISAのリアルカード(物理的な磁気式カード。使えるところは制限あり)の発行も無料でできます。

Kyashは、月の利用総額に対して、2%の還元が翌月25日頃に、Kyashアプリに残高チャージという形で還元されます。つまり、手持ちの1%カードを紐付ければ、合計3%の還元となります。そこに、PayPay+0.5%を組み合わせれば、PayPayコード支払いは、合計3.5%の還元に。ただし、この組み合わせには次のデメリットもあります。

クレカ + Kyash + PayPayのデメリット

PayPayのセキュリティ上、過去30日間で5000円上限

KyashのVISAバーチャルカードは、3Dセキュア(パスワード認証によるクレカ側の本人確認システム)に対応していません。物理カードであるリアルカードも同様です。
PayPayでは、3Dセキュアに未対応のカードでは、セキュリティ観点から過去30日の利用上限が、トータル5000円までに制限されています。Kyash側でも、紐付けたカードが3Dセキュアに対応していない場合、1回&1日の決済上限が5000円、月の決済額が20000円までと制限されています。

Kyashは不正利用時に補償なし

Kyashの最大の欠点はここ。アプリ上のカード番号等の情報を盗まれないようにする必要があります。またリアルカードを発行している場合は、カードの番号とCVV(セキュリティコード)も取られないようにする必要があります。アカウントパスワードを盗まれても問題です(よそで使ってるパスワードなどはやめましょう)。

流出したカード情報がKyashに登録されて、不正利用されたり、Kyashのカード自体が不正利用されるということもあります。お得で便利な反面、セキュリティはペイアプリ系の中でも、最大限注意を払う必要があります。ただ、アプリ上でいつでも、カードをロック・アンロックできるので、バーチャル利用だけなら、Amazon等で使うときだけアンロックする、などもできます。

僕個人は持っています。物理(リアル)カードも発行。物理カードの裏のCVVは、色テープを貼って、撮影されても大丈夫なようにしたりしています。

月上限5000円・・・収まる人は収まるかもしれませんが、PayPayは、使えるところがペイたちの中でもダントツで多いので、上限5000円はすこし非現実的です。なので個人的には2位。ポイントがあちこち散らばるのも困りモノ。

【1位】Yahoo!カード持ちならPayPayでセブン4%還元!…さらにオトクなことも

PayPay

  • Yahoo!カード 1% + PayPay 3% で4%還元!
  • 銀行登録チャージ利用ならPayPayは3%還元
  • ソフトバンク・ヤフーモバイル or Yahooプレミアムの契約をしている(キャンペーン時に最大20%還元)

なヤフーの民な方は、PayPay一択。
Yahoo!JAPANのアカウントにてYahoo!カードをウォレット登録、PayPayアプリでヤフー連携すれば、コード払い3%+ヤフカ1%で合計4%還元となります。カード登録ではオートチャージ支払いのため便利です。

Yahoo!カードの還元は、8月より期限つきTポイントから、PayPayボーナスまたはボーナスミニ(60日期限)となりPayPayにまとまるので、ポイントが散らかるのが嫌な場合もオススメです。ちなみにPayPayは、ヤフーカード以外では0.5%+クレジット(例えば)1%の1.5%還元になってしまいます。

スポンサーリンク

Yahoo!JCBカード & nanacoカードで公共料金が1%還元、税金の支払いが0.5%還元

さらにオトクなところとして、Yahoo!カードをJCBブランドで発行し、セブンのnanacoカードを作れば、国保など各種税金のセブンでの支払いが実質0.5%還元、水道光熱費・国民年金をYahoo!カード引き落としにすれば1%還元されます。

 

前者の0.5%還元。これはYahoo!JCBブランドカードは、nanacoへのクレジットチャージ0.5%ポイントがつくため。Yahoo!VISAブランドや、その他の数多のカードでは0%です。(※リクルートカードは唯一無二の1.2%です。が還元はリクルートポイントで少し不便。)

そして、nanacoはセブンで、各種税金の支払いに使えます(※このときレジでnanacoポイントはつきません)。国保など、通常まず還元されない支払いが、実質0.5%還元できるという仕組みになっています。

さらに、公共料金(東京なら東京水道局・東京ガス・東京電力)、国民年金保険(個人事業主の方)などを、Yahoo!カードのクレジット引き落としにすれば、Tポイントで1%還元されます。(※8月からpaypayボーナスに)
個人的には、リクルートポイントよりTポイントやPayPayのほうが、使えるところが多いので、Yahoo!カード推しです。推し面です💳

 

上記は、いまだ有効な技です。公共料金や税金は、生活してる限りはずっと出ていくお金ですしね💸。年100万かかれば0.5%は年5千円の差、1%なら年1万円の差。この機会に作ってみるのもいいかもしれません。

【最後に】コンビニで使えるQRコード決済対応表

 

以上、個人的な順位でした。順序は、それぞれの経済圏の人によって変わってくるかと思います。

個人的には、セブンには、あとOrigamiPayに対応してもらいたいところです。Origami Pay + Kyash + 楽天カードの組み合わせが最高です。この関係の記事も、近いうちに書きたいと思っています。結論をいえば、この3すくみで、近似5%の還元が実現します。

・・・セブンさん!次、Origami Payをよろしくおねがいします!🙇

7月からのセブンでのペイ活の参考にしてみてください!それでは!