みなさん、ペイしまくってますか?

今回はおトクというよりは、ペイが捗るTipsを紹介する読みモノ記事です。そして、iPhone使いの人向けの説明です。

Androidワタシモッテナイ…ワカラナイ( ◞‸◟ )…すみません

3Dタッチメニュー対応ペイ

思いの外、知られていないiPhoneの機能「3Dタッチ」

3Dタッチは、iPhone6sくらいからついた機能で、アプリアイコンなど軽く押し込むと、共有メニューなどショートカットメニューが呼び出せたりする機能です。

アップルでも、この機能知られてないし、使われてないからいらなくない?感圧スクリーンのハードウェアコストも高いし・・・となり生まれたのがiPhone XRです(語弊)

次期iPhoneでは、すべての型において省かれるかも?みたいなウワサが、2019年7月現在流れてるほど使われてない機能です。

 

しかし、それを活かせるのが、僕らのペイたち。

 

かっこいいですね。もっかい言ってみましょう。

 

しかし、

それを活かせるのが、

僕らのペイたち。

 

はい。ペイの中には、3Dタッチメニュー(クイック・アクション)に対応したアプリが4つあります。

これを知っているか知らないかでは、コード払いの捗り方がSuica並(applepay経由。express設定とかいうチートは知らない)になるか、石貨になるか、くらい操作コストの差があります。ではさっそく、以下が3Dタッチで捗る4つのペイたちです。

PayPay
paypay-3d-touch

LINE Pay
linepay-3d-touch

Origami Pay
origamipay-3d-touch

メルペイ
merpay-3d-touch

です。

上記ペイアプリ使ってる人は、アイコンを軽く押し込んでみてください。コード払いを選んだあとに、指紋や顔認証の1ステップが入りますが、すぐコード払いの画面を呼び出せます。いちいちアプリ立ち上げて、支払いボタン押してコード画面出して~とやる必要がありません。

3Dタッチをいらない子にされてしまったXRでは「アイコン長押し」(Haptic Touch)で、もしかしたら同じ操作ができるかもしれません。XRワタシモッテナイ…ワカラナイ( ◞‸◟ )

あと、LINE Payは独立したアプリがありますが、そちらでは対応していません。なので、自分はLINE本家アプリを支払いでも使っています。チャージもできないし。

その他のペイ、楽天ペイ・d払い・ファミペイは、この記事リリース時点では3Dタッチメニューに未対応です。

 

これでペイも捗り、無駄に使ってしまいそうですね。ではでは。


今日もペイでおトクに!