スポンサーリンク

ペイたちの中には、電気・水道・ガスなどの公共料金や、地方公共団体の税金支払い、店舗あと払い請求書の支払いができるペイがあります。

これは限られたペイだけが持つスキルです。

ここであげる以外のペイや方法以外では、たとえQRコード決済に対応しているコンビニなどでも支払いは不可能になります。

ではさっそく請求書支払いができる3つペイを紹介していきます。

PayPay(ペイペイ)の請求書払い

PayPayの請求書払いの特徴をまとめます。

  1. 方法:請求書バーコードをスキャンして支払い
  2. 支払:残高のみ(クレカは不可❌)
  3. 還元:0.5% PayPayボーナス(無期限)
  4. 還元上限:2,500円相当/回(10/13修正) 15,000円相当/月(PayPay他の利用通常1.5%還元との合計最大)
  5. 付与:翌月20日ごろ
  6. 備考:東京電力・ガス・水道すべて対応

PayPayは、つい先月の2019年9月にバーコードスキャンによる請求書払いに対応しました。

対応請求書は専用の検索で調べることもできますが「請求書払い(カメラ起動)→請求書のバーコードをスキャン」するのが早いかもしれません。

PayPay | 請求書支払い対応先一覧
https://paypay.ne.jp/bill-payment/

Yahoo!カードからチャージすれば1.5%還元に

PayPay請求書払いの注意点として、カードが不可になります。残高からしか支払えません。

しかしそれゆえ?PayPayだけのおトクな点があります。

PayPayにチャージできるクレジットカードは現在Yahoo!カードのみですが、PayPayへのチャージにYahoo!カードは1%付きます。他のカードも紐付けはできますがチャージは不可、ダイレクトな決済のみです。(※そしてダイレクトな決済もコード払い時の還元が2019年10月からは0%です)

先にYahoo!カードから残高へ必要分チャージして請求書支払いに当てれば、1.0% + 0.5% = 1.5%還元を受けることができます。

 

ただYahoo!カード分の還元1%は、2019年10月現在TポイントのためTポイント1%+PayPayボーナス0.5%になります。

TポイントとPayPayボーナスの1:1交換か、Yahoo!カードの還元もPayPayボーナスなどに集約していって欲しいところですね。ポイントの分散は好ましくないので。

LINE Pay(ラインペイ)の請求書払い

LINE Payの請求書払いの特徴をまとめます。

  1. 方法:請求書バーコードをスキャンして支払い
  2. 支払:残高/一部のみLINE Payボーナスも対応
  3. 還元:マイカラー0.5~2.0%(※税金等一部は還元対象外)
    【10月まで】LINE Payボーナス 【11月から】LINEポイント
  4. 付与:当日~数日後
  5. 備考:LINEポイント併用可、税金の請求書はマイカラー実績対象外・還元対象外
  6. 備考:東京電力・ガス・水道すべて対応
  7. 備考:税金の支払いは30万まで

ペイの中で一番早くに、請求書払いに対応していたのがLINE Payです。

支払い可能な請求書かのチェックは、PayPay同様、請求書のバーコードをスキャンすることでわかります。

 

LINE Pay請求書払いの還元は、マイカラー制度による還元になります。マイカラーは以下のように、前月のLINE Pay利用実績で還元率が異なります。

マイカラー判定となる前月の利用実績

0.5%(前月1万未満)/0.8%(1万~4万9999円)/1.0%(5万~9万9999円)/2.0%(10万~)

またLINEポイントが併用可能なので、ポイントが貯まっている人は有効活用可能ですね。なおポイント利用分にはマイカラー還元は付きません。

LINE Pay | マイカラープログラム
http://pay-blog.line.me/archives/18980623.html

LINE Pay請求書払いの注意点:税金支払いはデメリットあり

  • 税金等の一部支払いでマイカラー還元なし
  • 税金はLINE Payボーナス利用不可
  • 税金はマイカラーの利用実績にカウントされない

税金の支払いでは対象外となる事項が多いです。ご注意ください。

バッジカラー判定の対象および特典付与対象の支払い方法
http://pay-blog.line.me/archives/18980623.html#topic3

LINE Pay請求書支払いは「NP後払い」に対応

LINE Payのみのアドバンテージとして、NP後払い請求書に対応していることでしょうか。

ユニクロなどの一部オンラインサイトの支払い方法として選択が可能で、NP後払いを経由することで間接的にLINE Pay支払いが可能です。

マイカラー実績を上げたい方や、2.0%を保っている方はかなりおトクじゃないでしょうか。

ユニクロのNP後払以外にも、ショップ系の請求書に対応しています。詳細は以下をご覧ください。

LINE Payが使えるお店 | 請求書支払い
https://line.me/ja/pay/merchant/invoiceline/all/1

公式ページに「LINE Payボーナスは請求書払いで利用できない」と記載がありますが、LINE Pay公式ツイートにあるように一部はボーナス支払いも可能です。試してみましょう。

ファミペイ(FamiPay)の請求書払い

ファミペイの請求書払いの特徴をまとめます。

  1. 方法:店頭でFamiPay支払い
  2. 還元:10FamiPayボーナス(※税金の支払いは対象外
  3. 付与:翌々日までに付与
  4. 備考:ファミペイアプリで対応請求書かチェック可能
  5. 備考:東京電力・ガス・水道すべて対応
  6. 重要:2019年11月から税金や保険料の支払いの一部がNG

ファミペイの請求書払いは他2つとは異なり、店舗でのFamiPay支払いとなります。

対応請求書かのチェックはファミペイアプリからできます。(※上画像と下画像参考)

ファミペイの請求書払いの10ボーナス還元は税金は対象外となります。(10/14 15:00修正)

また、11月1から税金や保険料の一部支払いがFamiPay支払いNGとなりました。詳しくはこちら(10/22 15:44追記)

公共料金・各種料金お支払いに関する お知らせ
https://www.family.co.jp/services/smartphone/famipay/kokyoshiharai.html
スポンサーリンク

3つのペイすべて「東京電力・東京ガス・東京水道局」対応

それぞれの段落でも書きましたが、とりあげた3つのペイはすべて「東京電力・東京ガス・東京水道局」の支払いに対応しています。

東京住まいの方は、すべての生活インフラの請求書支払いが可能となっています。

まとめ – ペイの請求書支払いオススメランキング

当サイトの請求書支払いでのオススメペイは、以下のとおりです

  1. 🥇PayPay
  2. 🥈LINE Pay
  3. 🥉ファミペイ

オススメ1位はPayPayでしょうか。

  • 誰でも0.5%還元
  • 税金の請求書支払いでも還元対象(※1と思われる)
  • Yahoo!カード持ちなら先行チャージで+1%、合計1.5%還元

誰でもすぐに還元つきの支払いが可能で、かつ対応請求書なら税金でも還元されるPayPayがやはり強いです。

Yahoo!カードがあれば、残高へチャージして支払うことで税金の支払いで合計1.5%貰えます。

(※1:2019年10月現在、税金支払いで還元対象外のような表記はPayPay公式サイトには見当たりません)

なお0.5%で還元されるPayPayボーナスは、コード払いで利用可能で、残高より先に自動で消化されます。

 

2位は、LINE Payでしょうか。

LINE Payの他のペイにない特徴としては、PayPayが対応していないネットショップ系のNP後払い請求書などに対応しています。

マイカラー2%を保っているLINE Pay猛者は、一般的なクレカ支払いよりも高くなりますしオススメです。

デメリットとしては、税金の支払いがマイカラー利用実績対象外だったり、還元対象外なところ。

それとマイカラー2.0%を保つには、毎月LINE Payで10万以上の利用が必要となるため、条件としては厳しいです。

 

以上、ペイたちの請求書払いについてまとめさせていただきました。

記事がお役に立ちましたら幸いです。それでは!

スポンサーリンク
日経マネー11月号で投資家の方に当サイト紹介頂きました!ありがとうございます!🙏 日経マネー・PRESIDENT・文春・美的・Safari・Begin・LEE・Oggi・MORE・SPUR・ファミ通・Pen・dancyu・声グラなど数多の種類の雑誌が読み放題の『楽天マガジン』オススメです❗📚