12,000円還元キャンペーン11月30日申込分まで

三井住友カードは「セブンイレブン・ローソン・ファミリーマート・マクドナルド」の利用では、店舗ブランド別の月集計200円毎に5ptの2.5%のVポイントが貰えるお得な特典があります。

また三井住友カードは、2020年11月30日までの新規入会申込みと入会月+2ヶ月後末までのカード利用で20%最大12,000円還元キャンペーンも実施中。(6万円決済で還元上限満額)

これまで上限8,000円還元だったのが4,000円プラスされています。入会タイミングとしては今お得な期間になっています。

さらに2020年12月末までVpassアプリにログインの上でクレジットカードを利用すると、抽選で最大10万円まで全額Vポイント還元が当たるキャンペーンも実施中です。

このページでは特約店での定常2.5%還元の仕組みと、実施中の2つの還元キャンペーンについて解説していきます。

三井住友カードのVポイント概要

通常は200円毎に1ptの0.5%

三井住友カードのVポイント通常還元は、月の利用額合計に対して200円毎に1pt還元で0.5%還元となります。

セブンイレブン・ローソン・ファミリーマート・マクドナルドは5倍 200円毎+4ptでトータル2.5%還元

三井住友カードには特約店制度的なものがあり、「セブンイレブン・ローソン・ファミリーマート・マクドナルド」の利用では、通常の200円1ptに加えて月利用集計に対して200円毎+4ptがボーナスで貰えます。(※各店舗ブランド毎の合算集計)

つまりトータル5倍の200円毎5pt=2.5%還元となります。

また1会計の決済毎の還元ではなく月&店舗ブランド別集計なので、使うコンビニは1社に絞るとより無駄なくポイントが貰えます。

選べるポイント2倍ストア

三井住友カードでは上記の固定5倍ポイント店舗以外に、自分で2倍にできるストアを3つまで設定することができます。スタバカードのオンラインチャージやスーパーのライフなども入っています。

iD支払い、Google/ApplePay決済、Visaタッチも対象

対象となる支払い方法は通常のクレジットカード払いに加え、Visaタッチ決済(4月現在ローソン/マックのみ)・iD支払い・ApplePay・GooglePayとなっています。

三井住友カードは、iPhone7以降であればVpassアプリからiDとしてApplePayに登録できiD決済やApplePay決済として利用することができます。

ポイントの交換先・レート

三井住友カード利用でたまるポイント「ポイント」の交換先と交換レートの一例です。

交換先によっては3~4円などになってしまいますが、1ptあたり5円相当の交換先がメインとなってます。Amazonギフト券や楽天ポイントなどは1ptあたり5円のレートで交換できます。

最後のiDバリューというのは、iD決済時に充当利用されるiD決済専用ポイントみたいなものです。ポイント5倍のコンビニ3社で、iD決済で三井住友カードを常用する場合オススメですね。

5倍の対象外となるパターン

ポイント5倍対象店でも、ショッピングセンターや駅構内、ガソリンスタンド併設など施設内の店舗では還元対象外になるとされています。

街の独立した店舗での利用が対象と考えておけば問題ないと思います。またコンビニのネットショッピングの支払いなどはポイント対象外とされています。

三井住友カードは新規入会20%最大12,000円還元中

三井住友カードは新規入会申し込みで20%最大12,000円還元キャンペーンを実施中です。

PayPay紐付けやSuicaなどへのチャージでも20%還元

このキャンペーンではPayPayなど各種QRコード決済アプリのカード紐付け利用や、モバイルSuicaなどへのチャージに対しても20%還元されます。

20%還元の対象になる利用には、どのようなものが含まれますか?

キャンペーンの基本条件

キャンペーンの基本条件としては以下の通りです。

  1. 新規申込みであること
  2. 入会月から2ヶ月後末までにVpassアプリでログイン
  3. 入会月から2ヶ月後末までの決済が対象

キャンペーン対象となる新規入会の申込み期限は2020年11月30日ですが、実際のカード利用はその2ヶ月後末まで(2021年1月末まで)対象となっています。

またVpassアプリというのは、三井住友カードのスマホ向けのカード管理アプリです。

なお、このアプリ利用時に登録するログインパスワードは三井住友カードの本人認証(3Dセキュア認証)時のパスワードとなります。

本人認証パスワードは、一部ネットショッピングやPayPay・d払い・楽天ペイ等に紐付ける場合必要となってきます。

年会費永年無料

こちらもキャンペーンで「三井住友カード」および25歳までの「三井住友カード デビュープラス」では、期間中の新規入会申し込みで年会費が永年無料となっています。

三井住友カードの一般カード券種で、入会タイミング以外の条件なく永年無料は過去なかった気がします。

ただしデビュープラスは26歳になったときにカード切り替えが発生し、そこで年会費無料も終わってしまうと思われるので通常の「三井住友カード」発行がオススメです。

With Cashlessキャンペーンで最大10万円まで全額Vポイント還元!

三井住友カードでは10月1日~12月31日期間「With Cashlessキャンペーン」第2弾として、クレジットカード決済毎に抽選で最大10万円までVポイントでまるっと還元されるキャンペーンを実施しています。

条件は新規入会20%還元キャンペーンと同様、期間中にスマホでVpassアプリのログインをしてクレジットカードを利用するだけ。ただし、こちらのキャンペーンは新規入会者だけでなく既存ユーザーの方も対象です。

6万円の買い物で72,000円還元のチャンス

例えば、11月30日までに三井住友カードに新規入会したとします。

20%最大12,000円還元のために上限となる6万円分の買い物をしたら20%で12,000円還元されます。さらに、その決済がWith Cashlessの抽選に当たれば6万円分がVポイントでまるっと返ってきます。

つまり、6万円の買い物で72,000円相当の還元されるチャンスがあるといえます。

PS5が11月に発売されますが、ちょうどディスク対応版のほうの購入を考えている人は値段的にオススメかもしれません。

11月30日までに三井住友カードに新規入会して、PS5店舗抽選とWith Cashlessキャンペーン抽選のダブル当選の運試しをしてみても面白いかもですね。外れたとしても6万円以上の決済で12,000円は必ず返ってきますし。

まとめ

QRコード決済や電子マネー類へのチャージ等でも20%最大12,000円還元されるお得なキャンペーンです。

加えて、コンビニ3社+マクドナルドでは200円毎に2.5%常時還元です。コンビニ普段使いでも三井住友カードはお得なカードとなっています。

またセキュリティ面でもVpassアプリの設定で、カード利用時にメールやアプリにリアルタイム通知が来るようにすることもできるので安心なカードとなっています。

11月30日までの新規入会20%最大12,000円還元キャンペーンの詳細は、以下三井住友カード本サイトの内容もよく確認してからお申し込みください。


期限:11月30日申込分まで

最短5分でカード番号先行発行・iD利用可能に

三井住友VISAカードは現在、最短5分で審査(9:00~19:30)し、カード番号を三井住友カード管理アプリ「Vpass」で即時発行可能になっています。

物理カードの到着を待たずに、ApplePayなどにVpassアプリからiD登録が可能なので、すぐにコンビニなどで20%還元+約4.5%ポイント還元として利用することができます。

即時発行は以下ボタンリンク先より申し込み可能です。キャンペーン詳細などご確認の上、申し込みください。

 


期限:11月30日申込分まで

期限:11月30日申込分まで