※スクリーンショット引用元:三井住友カードキャンペーンページ

2020年2月3日~4月30日期間、三井住友カードが新規発行カードで20%最大12,000円還元キャンペーンを再び実施。

キャンペーンの基本条件や注意点と、公共料金・税金支払いを20%還元にできるおトクな使いみちなどを解説していきます。

三井住友カード20%還元 最大12,000円還元キャンペーン【2.3~4.30】

三井住友カードは、2/3~4/30カード券面のリニューアルに伴い、昨年も実施していた利用額の20%最大12,000円還元(60,000円の利用で満額)キャンペーンを実施します。

このキャンペーンは、各種QRコード決済アプリへのカード紐付けや、nanacoやモバイルSuicaなどへのチャージに対しても20%還元されるおトクなキャンペーンとなっています。2/10~3/29のどこでも20%還元を実施するau PAYや、TOYOTA Wallet、dカードプリペイドなどへのチャージについても確認中ですが問題なく還元されるかと思います。

(※2/3 19:23追記)三井住友カード様より回答があり「au PAY・TOYOTA Wallet・dカードプリペイド」へのチャージも20%還元対象との回答を頂きました。

20%還元の対象になる利用には、どのようなものが含まれますか?

還元対象外取引の表記は従来と変わらず

VISA/Masterデュアル発行はキャンペーン対象外に

今回、VISA/Masterデュアル発行+RevoStyleの複数枚対象はNGとなりました。発行日が先行した1枚、または同日発行となった場合はVISA>Master>Revoの優先度で1枚のみが対象となります。

キャンペーンの基本条件としては以下の通りです。

  1. 2/3~4/30の新規申込みであること
  2. 入会月から2ヶ月後末までにVpassアプリでログイン
  3. 入会月から2ヶ月後末までの決済が対象

その他、詳細条件が様々あるので公式のキャンペーンページでご確認の上、お申し込みください。

初iD利用で2,000円分の支払いがタダに【2.29まで】

さらに、iPhone7以降やおサイフケータイ対応androidで、ApplePayやGooglePayにiDとして新規申込みしたカードを設定して利用すれば、初iD利用なら最大2,000円分の利用までタダになるキャンペーンも2/29まで実施中です。20%還元キャンペーンと合わせると実質最大14,000円の還元になりますね。

  1. 期間:10/1~2/29
  2. 条件①:期間中の新規発行の三井住友カードの設定であること
  3. 条件②:期間中に要エントリー(Vpassアプリからエントリー)
  4. 条件③:ApplePayまたはGooglePayに設定して、3ヶ月以内に2,000円以上利用
  5. 注意:初回利用したカードのみ対象(※複数カードは対象外)

三井住友カード20%還元→nanacoで一部公共料金・税金も20%還元

三井住友カード20%還元はnanacoカードにクレジットチャージして、一部公共料金や税金を20%還元にするのにもオススメです。

nanacoは1枚で、残高5万+センター預かり5万をあわせた最大10万/1会計の支払いが可能です。一度のクレジットチャージ限度額は3万/日、月最大20万円となっているため数日にわけてチャージする必要があります。

ただしnanacoは収納代行払いできる範囲が2019年12月20日に大幅に狭まり、それまで可能だった決済がNGになっています。

生命保険・クレカの精算払い・ネットショッピングのあと払い請求書などはNG❌、一部税金・公共料金・チケット類・POSA(楽天バリアブルカードなど)はOK⭕️のようなツイートを確認しています。

東京都水道局のnanaco支払いはOK(2/13)

 

セブン店舗によってはチャージして払えなかったときのクレーム対応を忌避するためか、一律でNGを出しているとこが存在する?ようです。

このように店舗を変えれば支払いできる例も報告されているのでお試しください。オーナーがいる朝方や昼あたりがいいかもしれないですね。バイトがメインの時間帯・店舗などでは問題が起きた時に対処できないとして、一律、NGであると言うように教育されているのかもしれません。

その際、可能なら請求書のバーコードを通してもらってからnanacoでの支払いが可能かまでレジで一旦確認してもらい、レジを一度キャンセル、別途スマホでnanacoサイトでクレジットカードチャージしてから支払うのが安心だと思います。店舗側も2度手間でしょうが、そうするほか確認方法がないようです。

まとめ

今回、一部の対象カードでは年会費永年無料になる特典も追加されています。各種ペイ/QRコード決済のクレカ紐付けやチャージ、nanacoやSuica電子マネーチャージも対象なおトクなキャンペーンなので日々の生活費の圧縮にも役立ちそうです。お見逃しなく。