両方やっと揃ったので、簡単に質感レビューを。

Visa LINE Payカードについては別記事の中のデュプリケイトです。VLP💳まわりの詳しい情報や申込みはコチラからどうぞ。

Kyash Cardの申込みは、Kyashアプリが必要です。ダウンロードしましょう。発行には900円かかります。

Kyash Card Silver

ラメっぽいコーティングで高級感あり。しかし縁は白、裏面はラメっぽいプリントですね。

箔押しデボス加工。こちらも質感を高めている。

Kyash Cardは利用1%ポイント還元の、Visa/Maserカードをチャージ・オートチャージ先として利用できる、VISAプリペイドカードです。Kyash1%+紐付けクレカ1%~で2%以上の還元がとれるお得なカードです。(※還元対象は月12万決済まで)

Kyash Cardは発行に900円かかり、免許やマイナンバーカード+1枚本人証明書類が必要です。

ネイビーでは裏のCVV(セキュリティコード3桁)の浮きが、表から読み取れそうとの評価がありますが、まぁ大丈夫でしょう。シルバーはあまり浮きは目立ないですね。

 

Visa LINE Pay💳が来年4月末まで3%なので、Kyash Cardの合計2%は出る幕が1年なくなってしまい「900円を払った意味…」となっていましたが、この質感は眺めてて飽きないので1年飾っておきたいと思います。

もし使うとしても、実店舗では主にApplePayのQUICPay+での利用なので、物理的に持っている必要がありません。

※VLP💳3%はKyash等のプリペイドチャージ利用は還元対象外。

Visa LINE Payカード(限定五輪デザイン赤)

マットカラーな赤。「まるで血の赤だな…」とかいって遊べる。

縁が黒い。塗られているか元々黒プラか。だいたいのノーマルカードは白むき出しなので、なかなか良い。

裏面。磁気ストライプが単純な黒ではなく赤コーティングされてるのも良い。VISAロゴはギラついてて接写だと少し恥ずかしい。離れるとそうでもない。

1点追記として、写真では確認できませんが、表面に裏のセキュリティコード3桁(CVV)の浮きが出てしまってます。慣れると照り返しで読み取れそうですが、まぁこちらも大丈夫でしょう。

VLP💳 いろいろ登録時に起きたエラー

PayPay・楽天ペイ・d払いの紐付けも終わりました。3Dセキュア・本人認証時のパスワードは、三井住友カードのVpassログインパスワードになります。

登録してた中で起きた小さな問題として、プロバイダの引き落とし先に登録したとき「このカードは使えません」というエラーが出ました。

why?となりながら、数分後に登録しなおしたら通りました。もし登録エラーが起きた場合、時間を置いてみるといいかもしれません。

 

また、ApplePayにiDとして登録する際に、三井住友カードなどVisa Japan Association加盟系で必要となるアプリ「VJA認証アプリ」でのVpassアカウント認証が必要なのですが、認証が混み合ってるみたいなエラーが出て失敗しました。

そのままポチポチ再試行しててもずっとエラーを吐いてましたが、Walletに戻ったらいつのまにかApplePayに登録が完了していました。

似たことが起きた場合に、参考になれば。

 

以上となります。それでは。