auPAYのポイントアップキャンペーン

au PAYのベース還元率は0.5%(200円毎1pt)ですが、現在、無期限で生活応援企画として、どこでも200円毎2pt、ローソンでは8pt(4%)となっています。このキャンペーン枠の上限は1,000pt/日、3,000pt/月です。

auキャリアユーザーの方は、三太郎の日には、ローソンではさらにボーナスアップがあり200円毎20pt(10%)還元になります。なお、6月1日からこの内容に変化があるとのこと。以下表の引用公式サイトで、こちらもおそらく通達されるかと思います。

引用元:au PAY生活応援企画ページ
https://www.au.com/pr/paycpn2020-2/

お得なところでは、auPAY請求書払い(アプリ上でバーコードをスキャンして支払い)もどこでも1%の対象となっているところでしょうか。

NHKの納付書の支払いなどが、誰でもauPAYでいまなら1%Pontaポイント還元されます。NHKの請求書払いは、ほかQRコード決済ではPayPayも対応しています。

auPAYの請求書払いは、現段階では以下のページの通り取り扱いが少ないですが、6月からDSK電算システム取り扱いのものに対応し、5,000近くの納付書に対応する予定です。

auPAYのポイントが5月21日からPontaに

auPAYのポイントは、これまでau WALLETポイントで4年期限でしたが、5/21からPontaポイントに統合されました。

その結果、有効期限の仕様がPonta仕様になり「ポイント残高増減+1年延長」いう設計になりました。ポイントを使ったり貯まったりした日+1年になります。Tポイントなどと同じですね。au PAY残高への100ポイント=100円単位での交換などは、これまで通り利用可能です。

Ponta会員ではない場合は、auPAYのアプリから新規入会手続き可能です。Ponta物理カードを持っている方は、au PAYに紐付けする形になります。

ローソンなどでは物理カードだけでなくスマホ上で完結できます。iPhoneならApplePayに登録や、auPAY上でPontaバーコードを表示して読み取ってもらってポイント獲得する形になります。

d払い dポイントスーパー還元プログラム改訂

d払い時に通常0.5%に加えて最大+7%還元される、ドコモの「スーパーポイント還元プログラム」が今月から改訂。ドコモ経済圏での利用が重視される内容に改訂されています。

還元されるd払いの支払い方法は、dカード(dカードプリペイドは対象外)・残高・電話代合算となっています。他社クレジットカードは対象外です。しかし、d払いの通常0.5%は他社カードでもつくはずです。

中でも最も重要なのは、スーパー還元プログラムの還元対象となる決済金額が15,000円/月となっているところです。決済金額です。還元ポイント上限ではありません。

つまり、最大7%還元されても15,000円×0.07=1,050pt/月が還元上限となります。

dカードの利用で還元率が上がる設計になっているわりに、還元自体は使いすぎると損する仕組みになっています。コンビニなどでの、月利用でのd払い枠を15,000円くらいに据えてそこに最大+7%還元される、という意識でいればお得かもしれません。

dポイント スーパー還元プログラム
https://dpoint.jp/ctrw/cp1/kangen/index.html