スポンサーリンク

JCBが、JCB発行カードで20%最大10,000円/枚還元キャンペーンを実施。その内容をまとめました。

また、もしこれから新規JCBカードを発行する場合に、年会費無料のオススメカードをセレクトしてみました。

キャンペーン内容

  1. JCB発行のカードが対象(※JCBブランドだけではNG)
  2. 20%還元 上限10,000円/1枚ごと(50,000円の利用で満額)
  3. 本人カードだけではなく家族カードも独立勘定
  4. 2019年12月15日まで
  5. 付与は2020年3月〜4月頃

1枚ごとに還元というのが熱いですね。

還元条件

  1. キャンペーンエントリー
  2. ApplePay/GooglePay紐付けかつQUICPay決済(QUICPay+も含)
  3. iPhone(ApplePay)はクレカのみ
  4. Android(GooglePay)はクレカ・デビット・プリペイド対応
  5. オンライン決済は❌
  6. Suicaチャージ等も❌
JCBでスマホ決済!全員に20%キャッシュバックキャンペーン!
https://www.jcb.co.jp/campaign/cashb20_1908.html

JCBグループ発行のカードが対象

JCBブランドのカードは皆様いくつか手元にあるかもしれませんが、それらの多くはNGかもしれません。カード裏の発行会社名を見てみましょう。

もし楽天カードやYahooカードなどが発行元の場合、JCBブランドであってもNGです。銀行系の場合は、もしかしたら対象かもしれません。

これはカードブランドと発行元という違いで、クレジットカードのキャンペーンを主催するのは主に発行元なためです。

もしすでに銀行系やJCBグループ発行のJCBカードをお持ちなら、対象かどうか下記リンクからご確認を。

QUICPay/QUICPay+決済が対象

iPhone(ApplePay)の場合 iPhone7以上の端末で、JCBクレジットカードのみとなります。

Android(GooglePay)の場合 おサイフケータイ対応で、JCBクレジットカード・デビットカード・プリペイドカードすべて対応です。

注意点として、デビット・プリペイドカードはQUICPay+対応店舗のみとなります。ガソリンスタンドなどは+なしのQUICPayのみです。もしガソリンスタンドでの活用を考えている場合は、クレジットカードである必要があります。

QUICPayとQUICPay+の違い

QUICPay+とQUICPayの一般的な違いは、次の通りです。

  1. QUICPay+なら1会計2万円以上決済可能(QUICPayは❌)
  2. クレジットカード紐付けならQUICPay+/QUICPay店舗に対応
  3. デビット・プリペイド紐付けはQUICPay+店舗のみ

QUICPay/QUICPay+が使えるところ

日常使いできそうな店舗が、だいぶ網羅されている気がします。以下チラシ画像の店舗は、全体の1割にも満たない、ほんの一部です。スーパーの対応なども多いです。

特に、ENEOSや昭和シェル石油などのガソリンスタンド対応は、自動車中心な生活の場合、固定費削減が狙えそうです。全対応リストは以下を参照ください。

オススメはJCB CARD W(ワイド)/ W plus L

キャンペーン参加のためにJCBカードを新規発行するのであれば、iPhone/Androidいずれでもオススメは「JCB CARD W(ワイド)/JCB CARD W plus L」です。年会費が家族カード含めずっと無料です。

  1. WEB限定申込み
  2. 39歳までの申込みなら以降も年会費無料
  3. 家族カードも年会費無料
  4. OkiDokiポイント2倍(税込1,000円毎に2ポイント)
  5. スターバックスカードへのオンライン入金・オートチャージで10倍
  6. JCB CARD W plus Lは女性向けカード(特典あり)
  7. 2019年12月31日までの新規入会でポイント10倍キャンペーン(入会月+2ヶ月間)

申込み時の注意点として、オンライン口座設定が必須になります。(※要インターネットバンキング可能な銀行口座)

対応銀行自体は「ゆうちょ・三菱UFJ・三井住友・みずほ・りそな・埼玉りそな」の主要銀行、「楽天銀行・ジャパンネット銀行・じぶん銀行・イオン銀行・ソニー銀行・セブン銀行・住信SBIネット銀行」などに対応しています。

ペイ各社で銀行を紐付けてる方は、問題なく手続きできるかと思います。そのほか詳細は、以下の申込み詳細ページよりご確認ください。

 

 

(9/1追記)無事発行され、ApplePay紐付けもメールorSMSでの認証番号通知&入力で簡単に完了。キャンペーンも参加登録しました。

MyJCB(アプリまたはウェブ)でキャンペーン参加

もしマイルを貯めるのを主体としたい方は、ANA To Me <ソラチカカード>新規入会で最大36,100マイル相当のポイントプレゼントキャンペーンを実施中です。こちらのキャンペーンは2019年10月15日まで。

ただ、この提示ポイントを満額分得るには、数十万の決済実績が必要のようです。また、ソラチカカードは初年度は年会費無料ながら、2年目以降は年会費が2,160円、家族カードも1,080円かかってきます。

 

Androidユーザー限定でのオススメは「ANA JCBプリペイドカード」でしょうか。こちらチャージが別途必要なプリペイドカードです。

  1. 年会費無料
  2. 2020年3月31日まで利用開始手数料500円が無料
  3. 15歳以上
  4. 通常還元はキャッシュバックコース・マイルコースが選択可能
  5. キャッシュバックコースは税込200円で1円。マイルコースは税込1,000円で5マイル
  6. いずれのコースを選んでも20%還元CPは一律キャッシュバック
  7. 20%還元対象はAndroidのみ(iPhoneは❌)
  8. ENEOS/昭和シェル石油での20%還元は❌
ANA JCBプリペイドカード
https://www.jcb.co.jp/prepaid/ana_prepaid.html

注意点として、プリペイドはQUICPay店舗では使えません。QUICPay+店舗のみとなります。デビット・プリペイドタイプはガソリンスタンドなどでの利用はNGとなります。

まとめ

ペイ各社の還元にクレジットカード側も対抗してきた感じでしょうか。

家族カードも独立勘定の20%上限10,000円/枚なので、夫婦・息子(18歳以上)な構成であれば自分+2枚のトータル3枚発行して、最大30,000円分の還元も可能になります。

還元対象期間が長いだけあって、付与時期が大分先なのがあれですが、QRなどが手を付けてこれなかったガソリンスタンド(ENEOS/昭和シェル石油)でも20%還元となれば、長い期間中、固定費削減にもなるので結構マストなキャンペーンかもしれません。

記事リリース時点ではキャンペーンページを見ても、特に対象外品などは定義されていません。ひとまずJCB対象カード+QUICPay決済できるものであれば、対象になるかと思います。

それでは!

スポンサーリンク