(3/24 17:56追記)aupay20%還元、本日3/24で終了の告知が公式よりありました。本日いっぱいまでの決済が対象となります。

 

auキャリア以外でも誰でも利用可能となったau PAY(auペイ)が、2/10より3/29まで7週かけて街の対応店でどこでも20%、合計最大7万ポイント還元キャンペーンを実施。

ここに2/3新規申込み分から20%最大12,000円還元される三井住友クレジットカードをあわせると、auペイの支払いを実質40%還元にブーストさせることができます。

当記事では、au PAY20%還元キャンペーン概要と注意点から、au PAYのチャージ方法、後半では三井住友カードとの併用ルートで40%還元環境づくりを順をおって解説していきます。

auペイとは? 20%最大合計7万円相当還元キャンペーン概要

  1. 期間:2/10~3/29
  2. 対象:街のau PAY対応店でコードまたはスキャン払い(※オンライン決済はNG❌)
  3. 条件:auユーザーは、au PAYアプリ+要au WALLETプリペイドカード発行
  4. 条件:非auユーザーは、au PAYアプリ+au ID作成
  5. 還元:20%(※税込200円区切
  6. 上限:毎週10億円枠の先着利用。10億到達が予測され次第当日いっぱいでその週は終了。終了の場合、17時以降アプリで通知。
    【2.10~3.01】期間30,000pt 1日6,000pt 3月10日頃付与
    【3.02~3.22】期間30,000pt 1日6,000pt 3月30日頃付与
    【3.23~3.29】期間30,000pt 1日6,000pt 4月14日頃付与
  7. 付与:au WALLETポイント(4年期限)
  8. 注意:2/17の週から郵便局の利用は対象外

auペイが20%、最大合計7万ポイント還元(合計35万利用までOK)の大盤振る舞いなキャンペーンです。3つの期間毎に最大3万、3万、1万ポイントを上限とした還元を実施します。

💡auキャリアユーザー以外もOK

このキャンペーンは誰でも参加可能です。これまでauプレミアムパス(有料)ユーザーが三太郎の日に20%還元などやっていましたが、今回は誰でもです。

さらに、少し前にauペイはauのキャリアユーザー以外でも利用できるようになりました。つまり本当の意味で、誰でも今回のキャンペーンに参加可能となっています。ドコモでもソフトバンクでも楽天モバイルユーザーでも関係なく参加できます。

そんな非auキャリアユーザーは、au WALLETアプリ(au PAYアプリに名称変更されます)をインストールし、au IDを作成してログイン、チャージしてから利用することでキャンペーン対象となります。

💡毎週10億円還元まで。利用時に必ずリミットチェック❗❗

今回のキャンペーンは毎週10億還元という枠が設けられています。10億円還元に到達すると予測され次第、その日いっぱいでその週の還元は終了となります。その場合、17時以降アプリで終了通知がされるとのこと。

利用時には必ずリミットに達していないかチェックしましょう。決済の時にアプリを開けば通知されているので、否が応にでも気がつくとは思います。

💡還元上限はキャンペーン19.5%でのみ計算【2/14修正】

第1・2期間はそれぞれ154,000円利用で満額3万pt、第3期間は51,400円利用で1万pt還元となります。2/14に以下の文言がキャンペーンLPに追記されました。

 期間によりポイント還元上限額が異なります。ポイント還元の上限は、キャンペーンポイント(19.5%)のみ対象で、ステージ1・2は30,000ポイント、ステージ3は10,000ポイントが上限数です。ベースポイント(0.5%)に上限はありません。

💡1日の還元上限が6,000ptまでに【2/20追加】

キャンペーンルールに変更が入り1日6,000pt還元までの上限が新たに追加されました。期間中の上限は変わりません。19.5%で6,000pt上限なので30,800円/日までの決済が還元対象になります。

💡au PAYの還元処理は税込200円区切り❗

auペイの注意点として、還元計算は税込200円区切りとなります。399円の買い物をした場合、199円は還元計算から除外されてしまい200円の買い物をしたのと同様の還元になってしまいます。この点は注意して使いましょう。

また、その上でコンビニ利用はキャッシュレス・消費者還元事業の即時2%割引に注意しましょう。200円ぴったり決済すると4円引きになって196円でauPAYの200円区切りを割ってしまいます。コンビニで利用するときは税込額の2%即時割引意識して204円、408円、612円・・・という額以上付近を目指して決済すると無駄が少ないです。

💡還元ポイントは通常au WALLETポイントの4年期限

今回、還元額や利用上限額が大きいのも魅力ですが、さらなる良い点はau WALLETの通常ポイント還元なところでしょうか。4年期限の通常のau WALLETポイントとして付与されます。(※公式問い合わせ確認済み)

他のd払いやPayPayなどは、2~3ヶ月期限での還元が増えているため使い忘れに注意が必要ですが、その心配があまりありません。

ただ5月からPontaに統合されるため、そこで何らかのルール変更は起きてくるかもしれません。

💡還元ポイントは100ptから再チャージして再利用可

還元されたau WALLETポイントは、au PAY残高にふたたび100ポイントから100円分としてチャージが可能です。

第1期間(2/10~3/1)の還元は3/10付与とされているため、第2の3/2~22・第3の3/23~29期間に充当して回転できます。

  • 第1期間に最大3万ptゲット
  • au PAY残高にポイントをチャージ
  • 第2/3期間に3万円利用しそこにも20%還元

第1期間の15万支出に対して「20%の3万pt還元+その3万利用にさらに20%還元」=「3.6万/15万」=24%となり、支出元本にたいして還元率が上がります。もう1回転できれば24.8%となります。

これは、もしのちのちまたau PAY20%還元が期間を置いてあったときに、第2/第3で還元されたポイントをチャージして使えれば同じことになります。Ponta統合後のポイント仕様の行方が気になるところです。

スポンサーリンク

auペイ(au PAY)の使えるところ(主要QRコード決済対応表)

au PAYほか各種QRコード決済の主要対応表です。

※飲食チェーンのauPAY列ですが、○をつけている店舗ブランドも一部対象外(※)つきは、東京エリアで1~2店舗しか対応していない場合などがあります、ご留意ください。

家電量販店 QRコード決済 対応表

QRコード決済では店舗ポイント還元が10%→8%になったりするので注意

ドラッグストア QRコード決済 対応表

(※) 一部店舗は非対応

コンビニ QRコード決済 対応表

飲食チェーン QRコード決済 対応表

(※) 一部店舗は非対応 auPAYは○でも対応店極僅か

スーパー QRコード決済 対応表

(※) 一部店舗は非対応
スポンサーリンク

auペイ(au PAY)の使い方・チャージ方法

auペイを利用するにあたってのチャージ方法は、次の通りとなります。

誰でも簡単にできるのはセブンATMチャージ 1,000円~50万円/日まで

auペイへのチャージは、セブンのATMから現金で1,000円毎~最大50万円まで1日にチャージ可能です。これがいちばん人を選ばずに、簡単に手数料無料で一気に高額チャージできる方法です。

2/3~2/29の間、セブン銀行は、セブンATMで「PayPay/LINEPay/メルペイ/d払い/au WALLET」への現金1万チャージ/回以上で1,000円が5万名に当たるキャンペーンを実施中です。現金チャージにはちょうどいいタイミングです。

au PAYの対応クレジットカードリスト

auペイに登録してチャージができるクレジットはVISA/JCBは発行元が渋めです。MastercardとAmericanExpressブランドのみ、発行元を選ばず登録してチャージができます。

また登録できるクレカは、本人認証(3Dセキュアと呼ばれるパスワード認証)が設定できるものに限られます。

au PAYのクレカチャージは月25万円まで

(※2/6追記)本日付けで月上限10万→25万に上がったようです。

クレジットカードのチャージは「3,000円、5,000円、7,000円、10,000円、15,000円、20,000円、25,000円、30,000円、35,000円、40,000円、45,000円」区切りとなり、月25万円チャージまでとなっています。

そして、ここからが当記事のメインディッシュです。三井住友カード20%還元でau PAYへチャージすれば実質40%還元にすることができます。次段より、その方法を解説していきます。

三井住友カード20%還元 au PAYチャージも対象【2020年5月以降も】

三井住友カードは、新規入会申込でカード利用額の20%最大8,000円還元(40,000円分の利用で還元満額)キャンペーンを実施中です。

このキャンペーンではQRコード決済アプリへのカード紐付け決済や、モバイルSuicaなどへのチャージに対しても20%還元されるおトクなキャンペーンとなっています。

また、au PAYやTOYOTA Walletへのチャージも還元対象であるのを三井住友カード様に確認済みです👇

auPAYやTOYOTA Walletチャージも還元対象との回答

 

 20%還元の対象になる利用には、どのようなものが含まれますか?

 

還元対象外取引

 

キャンペーンの基本条件は以下の通りです。

  1. 新規入会申込みであること
  2. 入会月から2ヶ月後末までにVpassアプリでログイン
  3. 入会月から2ヶ月後末までの決済が対象

Vpassアプリというのは三井住友カードのカード管理スマホアプリです。VpassサイトにはPCからもブラウザでアクセスできますが、今回のキャンペーンではアプリを入れた上でアプリでログインすることが条件となっています。

その他、細かい条件については公式のキャンペーンページにてご確認の上、お申し込みください。

VISA/Masterデュアル発行でのキャンペーン複数枚適用はなしに

(※2/3確認)VISA/Masterデュアル発行+RevoStyleの複数枚対象はNGとなりました。発行日が先行した1枚、または同日発行の場合はVISA>Master>Revoの優先度で1枚のみが対象となります。

三井住友VISAカードからauペイへ直接チャージ可能に【2/8~】

(※2/13 22:19更新)auPAYの仕様再変更?で三井住友VISA→auPAYのチャージができなくなりました。以下の打ち消し線部分は古い情報となります。スクリーンショット画像は可能だった証拠として残しておきます。

Twitterを眺めていたらできるという情報が2/8あたりから出始め、2/9の今朝実際に試したらできました。

三井住友VISAからチャージ。パスワードはVpassログインパスかワンタイムパス

MastercardとAmexブランドしか汎用的にチャージ対応していないされるauペイの表記ですが、これで三井住友カードはVISA発行でも直接チャージできることに。

現在、三井住友カードはこのauPAY20%還元キャンペーンとの兼ね合いで殺到しすぎたのか、Mastercardでの発行が停止されています。VISAブランドでの発行のみとなっています。

今回の変更でVISAブランドでも直接チャージできるようになったので、誰でもau PAY20%+三井住友20%還元を組み合わせることができるようになりました。

【2/13追記】三井住友VISA→auPAYの直接チャージが不可に

2/8~2/13あたりまで可能だった、本来非対応である三井住友「VISA」ブランドカードからauPAYへのチャージが不可になりました。当サイトでも確認しました。

2/8~2/13間できていた三井住友VISA→auPAYが不可に

三井住友カードもMastercardブランド発行ならauPAYへ直接チャージ可能ですが、それゆえ、このauPAYキャンペーン期間に申込みが殺到しすぎたのか、現在、三井住友カードではMastercardブランドでの発行が停止されています。

では40%還元を目指すにはどうすればいいか? 対象者を選んでしまいますが1つだけ解決方法があります。

3/1現在iPhoneユーザーの方のみになりますが、次段で説明するTOYOTA Walletを経由する方法で三井住友VISAからもauPAYチャージが可能になります。

三井住友VISAカードもTOYOTA Wallet経由でau PAYチャージ可能に

(20.5.18追記)au PAYで、TOYOTA Walletのバーチャルマスターカードの登録、および、チャージがNGとなりました。au PAY側が弾いてるのか、TOYOTA Wallet側が弾いてるのかはわかりませんが、ER323というのが出るようになってしまいました。以下で説明している方法は使えないことになります。が、一応、情報としては残しておきます。情報寄せていただいた方、ありがとうございました!

 

TOYOTA Walletはペイとは微妙に異なりますが、一部ペイ機能も持つiD等電子決済ができるトヨタの決済アプリです。Android版もやっと4月になってリリースとなりました。

au PAYのクレカチャージはVISAカードでは発行元を選ぶ中、このTOYOTA Walletアプリを経由すれば「汎用VISAカード→TOYOTA Wallet→auPAY」へとチャージが可能になります。

このからくりを一言でいえば、TOYOTA WalletアプリはVISAブランドで本人認証対応カードならチャージ可、かつ、Mastercardブランドの本人認証対応のバーチャルカードを内部に作成するからです。VISA→Mastercard変換ゲタの役目を担えるわけです。

また前述した通り、三井住友VISAからこのTOYOTA Walletへのチャージも20%還元対象なのは三井住友カードさまへ確認済みです。

TOYOTA Walletチャージも20%還元対象

 

三井住友カードのVISAで手順をざっくりまとめると、

  1. TOYOTA Walletアプリをインストール
  2. 三井住友VISAカードを発行&登録。20%還元でチャージ(※本人認証パスワードはVpassログインパス
  3. TOYOTA Walletのバーチャルカード(Mastercard)番号等を確認
  4. auペイアプリに3.のバーチャルカードを登録
  5. auペイに3,000円~からチャージ可(※本人認証パスワードはTOYOTA Walletのログインパス

となります。

三井住友カード20%最大12,000円還元キャンペーンのお申し込みと詳細は、以下公式ページよりご確認ください。発行後は必ずVpassアプリのインストールと登録&ログインをしましょう。還元対象の条件となっています。

TOYOTA Walletのクレカチャージは手数料204円。ただし1/31現在無料。

注意点として、TOYOTA WalletのクレカチャージはVISAはVJA加盟カード、Masterはオムニカード協会加盟カード以外はチャージ毎に204円の手数料がかかります。しかし、記事リリースの1/31時点ではキャンペーンで無料となっています。

無料対応は予告なく終了するということなので、VJA系以外のVISAカード(楽天カードなど)でチャージするときは、その時点の手数料状況をよくご確認ください。

またチャージで還元はされませんが、三井住友銀行口座を持つ方はTOYOTA Walletに銀行口座を紐付ければ、手数料無料でチャージ可能です。

三井住友VISAカードはチャージ手数料が無料

三井住友VISAカードはトップにリストアップされているように、VJA加盟カードなのでTOYOTA Walletへのチャージが無料です。

VJA加盟カード

TOYOTA Walletアプリのバーチャルカード番号の調べ方

肝心のauPAYとのつなぎとなる、TOYOTA Walletマスターカードのバーチャルカードの番号の調べ方です。以下の流れで調べることができます。

あとは、この情報をクレジットカードとしてau PAYに登録しチャージするだけです。au PAY側のチャージ時に聞かれる本人認証パスワードは、このTOYOTA Walletのログインパスワードになります。

TOYOTA Walletへのチャージは5万/回 30万/日・月

となっています。ただし登録直後は1日5万円チャージまでの制限がかかるようです。(※Wallet残高上限も5万)

その後1~2日程度で制限が解け、月合計最大30万までチャージできるようになります。もしau PAYへ15万チャージするとしたら登録したての場合はかかって3日。早ければ制限解けて2日で済むかと思います。

TOYOTA Walletへのチャージ方法

TOYOTA Walletに三井住友VISAカードを登録してからチャージします。三井住友カードの本人認証パスワードは、Vpassログインパスワードになります。事前にVpassアプリを入れ登録しておく必要があります。

TOYOTA Walletからau PAY(auペイ)へチャージ

TOYOTA Walletのバーチャルカード(Mastercard)をau PAYに登録しチャージします。本人認証はTOYOTA Walletログインパスワードです。チャージ最低額は3,000円から。高い。

TOYOTA Walletの本人認証パスはTOYOTA Walletのログインパスワード

スポンサーリンク

まとめ 申込み

最後発のキャリア系ペイであるauペイが、誰でも参加可能な形で20%最大合計7万ポイント還元、1会計の上限も高い20%キャンペーンを繰り出してきました。

  1. どこでもau PAY20%最大7万還元(2.10~3.29)
  2. チャージでも6万円まで20%還元、三井住友カード

各々の20%還元を組み合わせることで、au PAYの利用場所によっては実質40%還元にもなる今回のキャンペーンは見逃せません。

ビックカメラなどで利用すればビックポイント還元もあり、三井住友20%12,000円還元対象の利用上限額6万までは最大48%還元で購入できます。(※三井住友💳20%チャージ→auPAY20%+ビックカメラポイント最大8%)

さらに、ビックカメラと楽天は楽天ポイントカード提示で楽天SPU分ポイントが貰えるキャンペーンを実施しています。(※予告なく終了の可能性有り)

ビックカメラに来店予約し、商品購入前に楽天で利用者登録を済ませた楽天ポイントカードか、楽天IDと紐づけたビックポイントカードを提示する事で、ポイントカードの通常ポイント+楽天SPUに応じたポイントが貰えます。楽天経済圏にいる人は今回のauPAYと組み合わせると、かなり還元されるかと思います。

注意点として、ビックカメラではauPAYなどQRコード決済では店舗ポイント還元は通常商品10%→8%になります。さらに提示ポイントカードがビックポイントカード以外の場合そこから半減します。楽天ポイントカード提示では8%→4%になります。アップル製品など元々ビックポイント還元が1~2%と低いのものはされても0.5%還元、下手したら消失するかもしれません(※こちらは未確認)

さらに、LINEをやっている方はビックカメラで会計前にshopping goのバーコードを提示すれば+0.5%LINEポイントが貰えたりします。ポイント3重取りできます。提示順は「LINE shopping goのビックカメラ用バーコード」→「ビック/楽天/dポイントカード等から1つ」→auPAY決済です。

 

(2020年5月11日追記)auPAYの20%還元キャンペーンは終わってしまいましたが、三井住友カードの20%還元キャンペーンは、5月以降も8,000円還元上限で実施中です。

通常クレカのキャンペーンでは、各種QRコード決済やSuicaといった電子マネー類へのチャージは還元対象外になっていることが多く、対象としている三井住友カードのキャンペーンは稀有です。お見逃しなく。

発行予定の方は三井住友カードキャンペーンページの生の情報をよくご確認の上でお申込みください)